MENU
動物自然学科

動物園・動物飼育専攻

  • 特長
  • 授業・実習
  • 先輩・先生の声
  • コラム

先輩・先生の声

エコを卒業して活躍している先輩にインタビューを掲載! &在校生の声も紹介しています。
担任教員からのメッセージもありますよ。

札幌市円山動物園の先輩にロングインタビュー

環境の重要性を発信できる飼育員に
佐々木 彩乃さん
2017年3月 動物園・動物飼育専攻卒業
札幌市北陵高校出身
憧れの飼育員さんを目指して。

幼い頃から動物園や水族館、キャンプなどに行くことが多く、動物や自然環境にたくさん触れてきました。だから、自然と動物が好きになっていたんだと思います。
中学生の時、動物園の飼育員の方から普段聞けない動物の話や動物に対する考え方を聞き、憧れを持ちました!それがこの仕事を目指した直接のきっかけですね。

動物たち観察しながら日々考えることが大切。

現在は、モルモットやアライグマ、エゾタヌキの担当をしています。
朝、動物の様子を確認し、掃除を済ませた上で食事を与えながら食いつきや行動に異常が見られないかなどを確認していきます。人と同じく、動物もその種や年齢によって食物の好みや摂取量も異なります。そのため、毎日細かい変化を観察しながら、食事の種類や量を調整しています。
決して簡単なことではありませんが、それによって動物達の健康管理がうまくいった時はとても嬉しいですね!

学校で行った鳥獣保護が今にも繋がっている。

学校では、動物に関するあらゆる知識を身に付けながら、たくさんの動物たちを通じた実習を行え、それが今の自分の基礎になっています。
実際に動物園で勤務していた先生達から生のお話を聞けたのも良かったですね!卒業研究では鳥獣保護をテーマに取り組みました。実際に学校で保護された幼鳥について、先生と相談しながら食事の量や種類を思考錯誤していきました。この経験が、現在の仕事で細かな調整を行う際に大いに繋がっていますね!

動物を取り巻く環境の重要性を発信していきたい。

動物園には、動物を見に来てくれるお客様がたくさんいます。ただ、動物を取り巻く環境の重要性について、学んで頂くのはなかなか難しいのが現状です。本来は動物とその周りの環境は密接に関わっており、全てが循環しています。その重要性を積極的にお客様に発信していけるような飼育員になりたいと思います!

その他の先輩の声

先輩の声 一覧