MENU

お知らせ

【2020年度版】動物看護師の国家資格化に関する情報

お知らせ 在校生向け 卒業生向け

2019年6月21日に愛玩動物看護師を国家資格とする法案が全会一致で参議院を通過、可決しました。

さらに2020年10月9日、その愛玩動物看護師法の施行日を、2022年5月1日とする政令が閣議決定されました。

それらを受け、現在働いている卒業生、学んでいる在校生、これから動物看護師を目指す高校生や社会人の方々に向けて、今分かっている範囲で解説します!

※具体的な内容はまだ決まっていないことが多く、予測である部分があり、変更の可能性もありますのであくまで参考としてお読みください。

 

最初の国家試験はいつ?

2023年12月末までに、第一回目の国家試験が行われます。

おそらく2023年3月になるのでは?というのが本校の予測です。

ただ、この試験を受けるのは現在動物看護師として働いている方が中心になると思われます。

 

国家資格を持つと何ができる?

今回の国家資格の名称は愛玩動物看護師という名称で、明確に「愛玩」ということがうたわれており、業務の対象は愛玩動物(犬や猫などペットとして飼育される動物)となります。

牛や豚などの産業動物を扱う資格ではなく、動物病院で犬や猫を中心に獣医療を提供する動物病院で働くための資格です。

その中で、採血や一部の投薬や採尿など、愛玩動物看護師の資格か獣医の資格を持っていないと出来ない業務が含まれています。

つまり、業務独占の資格ということになります。

これにより、採血やマイクロチップの埋め込みといった従来できなかった幅広い補助が可能となります。

※業務独占資格と名称独占資格

・業務独占資格−資格を持っている人だけが独占的にその仕事を行うことが出来る。

 例:医師、気象予報士、美容師、薬剤師 など

・名称独占資格−業務は資格を持たなくても可能だが資格を持たないとその名称を名乗れない。

 例:介護福祉士、保育士、調理師 など

 

業務内容イメージ

 

受験資格は?

受験資格は

・大学で指定の科目を修めて卒業した方

・愛玩動物看護師養成所(つまり専門学校など)で3年以上必要な知識技術を習得した者となっています。

つまり、大学もしくは専門学校で3年間学ぶことが必須となります。

 

現在動物看護師として働いている人、学校で学んでいる人や卒業生は?

法律の施行から5年間は、現職の方や、法律施行のタイミングで学校に通っている方のための経過措置が規定される予定です。

「動物看護に係る業務に累積5年従事している方」もしくは「愛玩動物看護師として必要な知識・技能の修得を終えた方」が対象になる予定です。現在実施されている「動物看護師統一認定機構認定動物看護師の受験資格」を持つ方は「愛玩動物看護師として必要な知識・技能の修得を終えた方」とみなされる見込みです。

現在動物看護師として働いていない人は?

実務経験が5年以上あれば、事前に講習を受けることで受験資格が与えられる予定です。

 

受験資格獲得のイメージ

※経過措置に関しては、特に未定の部分が多いためあくまで参考としてご覧ください。

 

今後のスケジュール(2020年11月22日更新)

2021年春〜夏頃 政省令等制定
2022年5月1日 法律の施行
2023年12月末まで 第1回の動物看護師国家試験開催

 

国家資格化に対応した動物看護師学科

 

2021年4月に入学をすると、卒業年次に国家試験を受験できる可能性があります。